揚輝荘

2017年05月27日

この日は子供の運動会があり遠出できず。
終わった後も微妙に時間が余ったので近所を散歩がてら揚輝荘の新緑を見にいってきました。

DSC00397_20170527220352ea6.jpg
ウホ!非常に綺麗な新緑で美しい。

DSC00378.jpg
日光に照らされ輝く緑が目に眩しい。

DSC00380_201705272203499fb.jpg
逆光紅葉の新緑バージョンみたいに陽の光で助けるのが大変綺麗。

DSC00403.jpg
キショウブと水面に映る鳥居。キショウブは終盤かな。

DSC00392.jpg
花菖蒲は咲き始め。今後綺麗に咲くのかな?

ちょっと訪れただけの揚輝荘でしたが、新緑の綺麗な園内でした。
スポンサーサイト

下水道科学館

2017年05月21日

この週末は各地で真夏日を記録してますね。まだ5月だというのに・・・・
ここ数年は5月に真夏日記録して暑い暑いってなって、6月7月も暑いんだけど、5月の暑さより何となく楽で、8月から10月頭まで厳しく暑いって印象かな。あくまで個人的な意見だけど。

で、どちらにせよこの週末は仕事もあったので少しだけお出かけ。
暑い日に外で遊ぶのがいいんだが、親は涼しいところでの方がいいかなってなって、無料で室内で遊べる稲沢にある下水道科学館へ行くことに。

DSC00282.jpg
無料でちょっと時間を潰したい時にちょうど良い施設。丸一日はしんどいが、30分から1時間程度なら十分に役割を果たしてくれルと思います(個人的な意見)。

内部は前回の記事を参照に・・・ってほとんどなかった。
今度行った時に内部もう少し撮影してみます。

DSC00301_201705212219344ca.jpg
外の広場はシロツメグサが無数に広がっておりました。
ここで遊ぶのが何となく気が引けます。

DSC00285_201705212217397db.jpg
白い花に隠れて目立たないがタンポポの綿毛もまだたくさん。

DSC00303_20170521221936bd8.jpg
シロツメグサの中に目立たないですがアカツメグサも。

DSC00306.jpg
ヤマボウシの木が3本ほどあり、どれも見頃で綺麗な白い花を咲かせておりました。

あと、下水道科学館の周囲は植木関係のものが多いです。
桜畑に椿畑、バラ畑などなど綺麗に花を咲かせる植木も普通にあります。
バラも綺麗でしたが畑仕事をされていたのでスルー。その近くで芍薬畑がありそちらを少し撮影。

DSC00274.jpg
赤い芍薬。芍薬っていうと漢方の生薬ってイメージもありますが綺麗な花を咲かせます。

DSC00276.jpg
咲き始めのものばかりでしたが綺麗です。

あとおまけ。
DSC00280_201705212217364d3.jpg
ついにオオキンケイギクの咲く季節に。毎年この時期になると色々考えさせられます。
矢田川堤防の綺麗!?な黄色い絨毯が見られるだろう・・・・・・

牧歌の里

2017年05月14日

先週壊れたデジカメの代わりに購入したのはサイバーショットのDSC-WX500。手軽で30倍ズームってのに惹かれた。あとは操作性が慣れているってのでサイバーショットにしてみた’決してソニーの回し者ではないので悪しからず)。50倍ズームのサイバーショットDSC-HX400Vも迷ったがコンパクトな点でDSC-WX500に。これまでのものより少し重くて大きいがポケットに十分入るサイズなので。

で、土曜日は仕事で静岡へ、そして帰りも遅くなってしまった。静岡は土砂降りだった・・・・
日曜日は長野の方へお出かけするつもりだったが、予定が合わずで別のところへ。

さすがにGWの次の土日だから混雑はないだろうと踏んでいて、牧歌の里に久しぶりに行ってみることにした。



DSC00009.jpg
サービスエリアから出られるようになったからとても便利になった牧歌の里。
春のポカポカな感じがようやくでてきたところでしょうか。

DSC00012.jpg
まだ春になったばかりで花も咲き始めってところでしょうか。
ここだけみると少し寂しい景色に感じる。

DSC00015.jpg
でもよくよくみればチューリップが見頃。残雪の白山をバックに贅沢な景色だ。

DSC00031_201705180000373da.jpg
なかなかチューリップが綺麗に咲いているぞ。
よく考えたら今年始めてみるチューリップだなぁ(たぶん)。ムスカリが少しアクセント。

DSC00042.jpg
ここのチューリップは高原の雰囲気と相まってなんかいい感じだ。
これで雲ひとつない青空だったら最高だ。
ただ、それだと逆に暑すぎて熱中症になりそうになるので、やっぱり雲が少しあるほうがいいか(わがままな・・・)

DSC00047_20170518000058013.jpg
ハート。上の娘はかわいいっていって離れず。

DSC00066.jpg
芝桜はもう少しで見頃かな。

DSC00075.jpg
園内はソメイヨシノは終了していたが、一部の桜が残っていた。この黄色?緑?の桜が一番見頃だった。

DSC00081.jpg
鬱金桜かなぁ、自信無しだが。
ひるがの高原はGW前半にいつも桜が見頃くらいなので、その時期でもいいかもですね。

DSC00084_2017051800010499e.jpg
ここに来たらやっぱり動物。
デジカメの30倍ズームで撮影したら本当に近いなぁ。

新しくかったデジカメはモニターを移動させると自撮りできる仕組みになっています。これが上の子に受けたようで、ずっと自撮りしていてなかなかカメラをパパに貸してくれませんでした。

DSC00124.jpg
羊。動物の餌やりに今までは興味を示さなかった下の息子がかなりハマってしまった様子だった。

DSC00128.jpg
アルパカ。これもかなり遠くから30倍ズームで撮影。結構綺麗に撮れるな。

DSC00147_20170518000238d06.jpg
牧歌の里に来ると食事をどうしようかいつも迷う。手軽に済ませるかレストラン入るかBBQやるか。
小さい子供もいるしどうしようってなっていたら、上の子がピザ作りたいって言い出したのでピザを作ることに。
こういうの好きだなぁ。

まぁ美味しく食べられたので満足。量は少ないがダイエットダイエット!

DSC00212_20170518000240a54.jpg
ムスカリをアップ。少し遠くから30倍ズーム。なかなかいい感じ。

松井屋酒造場

2017年05月07日

花フェスタ記念公園でネモフィラなどの春の花を楽しんだ後は、十分に遊んだはずだが子供がまだ遊びたそうな感じだったので近くの公園で遊ばせようかなってなった。
比較的遊具が揃ってそうで空いてそうなマイナーな公園で手早く遊ばせた方がいいかなってなり、富加町あたりの公園に行ってみようとなった。
が、よくあるパターンだが、着く少し前にお昼ねタイム・・・・・・・・
まぁ慣れたけど。

で、カーナビ見ていたら近くに松井屋酒造場ってのがあったので気になって行ってみました。

DSC01517_20170514234124c33.jpg
古い街道沿いにある古い建物が特徴。この地で江戸時代より酒造りを営んでいますが、300年ほど前の建物と100年ほど前の建物があるそうです。って普通に古いな。

DSC01519.jpg
中では酒が買えます。「睦鳥」「半布里戸籍」なるお酒と赤米や黒米をつかったお酒を主に作られているようです。
半布里戸籍ってのは正倉院に保存されていた日本最古の戸籍で、これがこの辺りの戸籍の書だったことから名付けられたとのこと。読み方は・・・・・本物の戸籍は「はにゅうりこせき」って読むらしいが、お酒の銘柄は「はぶりこせき」とあえて変化させているそうな。

DSC01523.jpg
中に入り天井を見上げると明るい。構造的に上の光が注ぎ込まれているところはもともと窓や戸もなく外と普通に交通しているレベルなんだそうです。普通の雨では何ら問題ないが台風の時はたまに雨漏りするとのこと。

DSC01524.jpg
酒造りの資料館が併設されており、入場料¥300支払うと色々教えてくれながら内部紹介してくれます。

DSC01525.jpg
展示されている大きな釜?実は現役みたい。
お酒を絞る冬の季節以外はこんな感じらしい。

DSC01527_20170514234147894.jpg
大量に置いてある道具にそれぞれ名前がつけられ細かく説明を受けます。

DSC01530.jpg
佐瀬式って絞り機。これでプレスすることでお酒が絞られるとのこt。
今は隣に置いてある小さな船で作られるとのこと。

DSC01531.jpg
江戸時代から続く帳簿。お酒作りの際は帳簿のチェックがかなり厳しいみた。
江戸時代の書だけでも十分に歴史的価値がありそう。
実際に役人が現在でもこの部屋で帳簿チェックするらしい。

DSC01535.jpg
蔵の中になぜか古い飛行機の翼が展示。ボロボロなのは墜落機で許可をとって保存したとのこと。
飛行機はサルムソン2A-2って飛行機で各務原で作られていた飛行機らしい。図面は残っているが現存しているものがなく、各務原宇宙科学博物館で展示されているサルムソンはこの個体の寸法を測って復元されたそうな。
昔の図面はいい加減らしいので。

DSC01538.jpg
うま。他にも「ねこ」や「きつね」など展示物に動物の名称のものが多い。これには理由があって、お酒作りを手伝いに来てくれる農家の方が覚えやすいように形に似た動物の名称が当てられたからなんだそうです。
お酒作りって、杜氏も外から呼ぶところも多いし手伝いは近くの人を集めたりと、今の日本でよく言われる希薄な隣人関係ではできそうもないシステムだな。

DSC01541.jpg
麹室。ここでは日本酒作りでとても大切(どの工程も大切ですがとくに大切な工程である)な麹を作る部屋。
中は独特の香り。木と麹の香りが混ざった香りがいい香りと思う人もいれば、うげぇってなる人もいるそうな。

扉の周囲の新聞紙のカスは、部屋を暖める時に密閉するために貼り付けるらしい。
今では考えられないって思ってしまった。

DSC01539.jpg
中はこんな感じ。酒造りの時期にはとても重要なところですがそれ以外の季節ではこんな感じらしい。

DSC01540.jpg
レトロな箱。ヒグチモヤシは大阪で現在も営まれています。
モヤシと書いてありますが、けっしてモヤシメーカーではありません
日本酒の種麹をモヤシと呼ぶので、それがそのまま名称として使われているだけ。日本酒作る時に使う種麹のメーカーとのこと。ほんと知らない種類の会社が日本にはたくさんありますね。
どうでも良いですが、レトロな感じがたまりませんね。

DSC01543_20170514234211912.jpg
2階も古い道具や生活道具の展示が続きます。

ひそかになぜかフリーwi-fiが飛んでいるらしい。建物古いが設備が微妙に新しいものもあるようだ。
ってここまで来てフリーwi-fiで何調べるんだ。

DSC01544.jpg
岡崎で作られた和釜。100年ほど前の釜で名前の掘られた珍しいものだそうです。
そもそも古い釜が残っているところは珍しいと思います。戦時中に金属は持ってかれたものが多かったはずですから。
そう考えると奇跡の釜かも。

ふらっと立ち寄った割にはなかなか楽しめた酒蔵見学。
酒蔵見学はどこも実際の作り方などの説明があってから試飲のパターンが多いですが、ここは本当に古いものを展示しつつ、現役を紹介するという少ないパターンの蔵と思われます。資料館も拝観料¥300ですからなかなか見にこないかも。
ただ結構面白かったのでまた来てもいいかなって思った。

おまけ

DSC01556.jpg
帰りしなに立ち寄った入鹿池のツツジ。新聞に載っていたらしいので見に行ってきた。
名所と言えるほどではなさそうですがツツジ結構遠くの方まで植えられていてピークの時はかなり綺麗だったのではと推測されます。

で、ここで写真を撮影しているとカメラの調子がうこぶる悪い。センサーが壊れたみたいで写真のセンターが定まらなかったり写真の縦横の方向性を認知できず、逆さまの状態で保存してしまうものも多発。
早速新しいカメラを買いに行きました。

花フェスタ記念公園

2017年05月07日

GW最終日。
世間では最後まで遊ぶか、最後は近場のイオンで過ごすかーってところでしょうか。
我が家ではGW最終日になってようやくパパが用事がないため遠出ができる日でした。
出遅れ感ハンパないですが、こんなもんだと割り切りが大切。

前日の夜の出来事だが・・・・・

最終日は花桃が咲いているはずだから行こう行こう!ってなりかけた。
調べてみると昼神温泉あたりは終盤で月川温泉あたりが見頃かなーよっしゃ行くぞ!!

・・・・・混むからいいや

なんと!!妻の強烈な一言。確かに混むけどしょうがないでしょって思ったが、朝早く出かけるならいいけど混むし渋滞に巻き込まれそうとの理由。後、以前見たところは良いが拡大している部分はまだ木が小さくまばらなんじゃないかとのこと。

まぁそうかもしれないが、最終日だから渋滞はしないと思うし、してても治部坂超えて、御所桜を見て帰ればいいじゃんって思ったが、同意得られず撃沈。まぁ仕方がないかなぁ。子供も遊べるところが少ないし。

他に候補はすぐに思いつかなかったので色々な方のブログを見ていたら、国営ひたち海浜公園のネモフィラが載っていました。年間200万人訪れる名所で海外からも絶景として紹介され来日する人もいるくらいらしい。
こんなところ行けたらいいなぁ、でも茨城かぁ。難しいねぇ。
なんて思っていたら、ふと近所でネモフィラの名所がないかって頭をよぎったので早速ググって見たところ、浜松ガーデンパークと花フェスタ記念公園、美濃市にネモフィラが見られるらしいと情報をゲット。

その中で花フェスタ記念公園へ行くことにした。

DSC01332.jpg
花フェスタ記念公園へは何度か来ていますが初めて東入り口から入ります。入り口ではリナリスとオオデマリが綺麗に咲いています。

DSC01340.jpg
相変わらず紫陽花みたいな花だ。それにしてもボリュームがあって見応えしっかりだ。

DSC01352.jpg
すぐにネモフィラガーデンに到着。入り口で場所を教えてくれるので迷うことなく行けました。
園内はかなり広いので間違えると大変ですから。

それにしても青くて綺麗だ。結構咲いているな。

DSC01355.jpg
もちろん、ひたち海浜公園みたいな広さではありませんが十分な広さです。

DSC01361.jpg
桜が数本植えられていて、よくみると成田きんさんが植えられたようです。
すでに故人ですが妹のぎんさんの娘4姉妹も長寿としてたまに見かけますね。
長寿は遺伝かな。

DSC01367.jpg
よくよくみると青い一色ではなく白いネモフィラも混ざっております。あまり目立たないがアクセントにはなっているようだ。

DSC01364.jpg
小さな花ですが鮮やかな青色が本当に印象的。

なかなか綺麗なものを観れたので十分に満足だ。

でもそれ以外も色々見所があるみたいだから一周してみることにした。花フェスタ記念公園はバラだけだと思っていたんだが、それ以外も結構しっかりと咲いているなと思った。って名称にバラなんて書いてないし、花しか書かれてないから他の花が咲いていてもなんら不思議ではないんだが。

DSC01372.jpg
入り口で咲いていて綺麗なリナリスもまとまって咲くとなかなかゴージャスだ。

DSC01375.jpg
手前はマメ科の花かな。これもかなり綺麗で気に入った花でした。

DSC01377_201705092310167a0.jpg
チューリップと一緒に咲いているのはポピー。
これまた綺麗。ポピーの写真撮っている人結構いたな。

DSC01393_20170509231133dfb.jpg
見頃情報のあったハンカチの木。本当にハンカチがぶら下がっているようだ。

DSC01400_201705092311344dc.jpg
花が下を向いているので綺麗に花の写真が撮れなかった。

DSC01403.jpg
ハンカチの木の近くにあるふわふわドーム。子供達はかなり熱狂して遊んでいたので大人はいい休憩になった。
花フェスタ記念公園は去年までは遊具がありましたが撤去され、ふわふわドームとハンモックの遊具があるのみになってしまいました。子供には少し辛いかな〜でも室内に無料ボールプールもあるから小さい子は問題ないかも。

DSC01443_20170509231136697.jpg
トキワマンサク。園内をピンクに染めてました。園内で結構ちらほら見かけます。

DSC01450_20170509231138086.jpg
音楽広場。この日は中学生のブラスバンドが演奏会を開いており結構人が多かった。
水仙がほぼ終盤でしたが少し残っていました。広場の隅にかなり多くの水仙が咲いているみたいですので、見頃の時期は結構良いかも。多様な水仙がここまで咲くところは近くにあまりないですし。

DSC01460_201705092318123f0.jpg
ポッポ号、下の子が結構興奮していた。乗ると後が大変だからスルー。

さて花フェスタ記念公園で最も有名なのはバラですが・・・・

DSC01473.jpg
咲いておりません!!

DSC01470.jpg
普通のバラはちらほら見かける程度でしたがモッコウバラは結構綺麗に咲いていたかなぁ。

DSC01459.jpg
ほとんど咲いていないが数輪咲いていたので撮影。

DSC01483.jpg
温室へ移動。色々な花が少し咲いていた。ここからエレベーターで展望台に登ります。

DSC01489.jpg
天気がイマイチでしたので展望はこんな感じ。下にはネモフィラが見られます。

DSC01488.jpg
塩の道を彷彿させるガラス廊下。小さいし傷が多いからそこまで怖さがないが、それでも十分に怖い。
これがさりげなく出現するものだから一瞬血の気が引きます。

DSC01495.jpg
展望台の下ではこいのぼりがお出迎え。

DSC01503.jpg
東入り口付近に戻って来ました。ネモフィラとポピーの共演も楽しめます。

DSC01511.jpg
バラの時はめちゃくちゃ混雑しますが、バラが咲いてなければなかなかゆったりできるかな。
GW中だというのにこれだけのんびり観光ができたのは大変満足かな。
みんな満足して帰りました。
プロフィール

tel

Author:tel
子連れで行った所を広く浅く紹介する日記

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる