FC2ブログ

千種公園 ユリ

2019年06月08日

このところ土日にイベントごとが多かったと天気との兼ね合いでなかなかお出かけできず。
この日は午前中は子供のイベントがあり、午後からお出かけ。
あまり遠出はできませんので近場でとのことで、千種公園に行くことにしました。
ちょうどユリが咲いてそうだし、子供も遊べますし。

DSC08079.jpg
天気は晴れですが、雲が多く風が強くで日差しがなくなると結構涼しくて過ごしやすい1日でした。
結構ユリが咲いていて、人も多かったです。

DSC08080.jpg
だいぶ萎れた花も多かったですが全体的には見頃。
白のユリがたくさん咲いています。

DSC08083_20190609010857b58.jpg
ツヤツヤの花はだいぶ少なくなっていますが、日光に照らされ十分綺麗。

DSC08088.jpg
逆光で撮影。ユリの花は濃い色の花ほど逆光で映える気がする。

DSC08092.jpg
結構黄色のユリの輝きが鮮やかでした。

DSC08096.jpg
ユリの花の間に咲くコスモス。もうコスモスが咲く時期・・・・って少し早いよね。

DSC08098.jpg
小さなゆり園ですが結構人が多くて、みな写真撮影に勤しんでおりました。
ここは病院に近いこともあって、患者さんらしき人も見に来ていましたし、車椅子でユリの花を撮影に来ている人いました。花好きは多いですね。

DSC08105.jpg
大人はユリの花を楽しんでいましたが、子供は遊具で大はしゃぎ。千種公園は木が多く日陰が多いため遊ばせるのに良いところです。

DSC08119.jpg
変な葉っぱはイチョウ。

ゆり園はそこまで大きくはありませんが、密集して咲いているため結構満足できますね。
周囲にコインPが増えましたが、車ではなかなか行きにくいのが難点な公園ですが、広くて日陰も多く子供が遊ぶのにちょうど良い公園でした。
スポンサーサイト

宮田総合公園ふれあい広場

2019年05月26日

伊那でフクロナデシコを見た後は混雑必死のお店「明治亭」へ。
駒ヶ根にある明治亭はソースカツ丼で有名なお店で、ガロとともに混雑しているソースカツ丼のお店です(個人的には「きらく」も好きな味ですが)。
開店時間に到着しましたが少し待ちました・・・・

DSC07962.jpg
名前忘れましたが信州セットみたいなやつ。
ソースカツ丼に蕎麦、馬刺しに蜂の子とかなりのボリューム。
どれもうまかった。

DSC07963_2019053023333516e.jpg
子供はサーモンいくら丼。最近サーモンが好きらしい。
この辺りはアルプスサーモン か信州サーモンあたりでしょうか。食べてみたかったかも。
ただ子供はいくらが多すぎなのでもっとサーモン増やせと言ってましたが・・・

でこの後はすぐ近くにある宮田村総合公園のふれあい広場へ行くことにしました。
そこそこ広い駐車場に止めて公園に到着すると・・・・

DSC07964.jpg
巨大なローラー滑り台を発見。
70mほどあるジャンボ滑り台は高さがあるためインパクトはかなり強い滑り台です。

DSC07966.jpg
そりで滑るタイプ。なのでお尻は痛くないがスピードがかなりでてスリル満点。
これがタダとは恐れ入る。

DSC07989_20190530233344275.jpg
ジャンボ滑り台の下はローラースケート場。説明文読んでいると、なんとスピードスケート金メダリストの小平選手が滑っていたらしい。ここで滑れば上手になれるかも?

DSC07969.jpg
ここの公園はそこそこ広さがあり、それでいて混雑していないのでかなりのびのびと遊ぶことができます。

DSC07968_20190530233340c6b.jpg
変なシーソー。

DSC08001_20190530233347185.jpg
めちゃくちゃ大きな遊具はジャンボ滑り台だけですが、それ以外は小ぶりながらも十分に遊べます。
種類も結構多いので子供も飽きずに遊ぶ遊ぶ。

DSC07992_20190530233346e0a.jpg
水浴びもできます。少し暑い日だったので結構子供達は水遊びしていました。(名古屋に比べれば全く暑くないです)。
雪山バックに水遊びってすごいなぁ。

DSC07985.jpg
キショウブは結構咲いていました。

DSC08023_201905302333499d8.jpg
藤も少し咲き残っていました。

これだけの規模を無料で楽しめるなんてかなり良いです。しかも空いている。

ここで遊びすぎて他に行きたかったところに行けませんでした。まぁ子供が十分遊べたからよいかな。

フクロナデシコ 南箕輪村

2019年05月26日

この週末は熱波の影響で猛暑になる予報。こんな時に外で遊んでいたら熱中症になってしまうかも。
ただ、都心部を外れれば快適に過ごせそうだったので、南信州にお出かけすることにしました。
南信はよくお出かけしますが、以前みつけた宮田村の公園が良さそうだったので遊びにお出かけしました。
その途中で以前から気になっていた花がありましたので行ってみました。

南箕輪村にあるフクロナデシコが以前からチェックしていた花の一つで、タイミングがあったのでようやく立ち寄ることができました。場所は国道361号沿いで伊那から権兵衛トンネルに向かう途中に左手に見えます。
場所はここです。詳細はこちら

DSC07877.jpg
国道を走っていると突如あられるピンクの絨毯。

DSC07879_20190526224854f13.jpg
あまりにたくさん咲いていてとても驚きました。

DSC07886.jpg
花の付け根のガクが袋状なのでフクロナデシコ。

DSC07901.jpg
中央アルプスに少し雪が残ってますので雪山と新緑と同時に花を楽しむことができます。

DSC07905.jpg
一面同じ色かと思っていたらかなり密集している部分もあり、なかなか鮮やかで驚きました。

DSC07922_201905262249003f0.jpg
矢車菊とフクロナデシコ。ピンクの絨毯に青い花がアクセントです。

DSC07924_20190526224901f0e.jpg
これだけ広大なピンクの絨毯を個人でやられているのはびっくりです。

DSC07946.jpg
フクロナデシコとカモミール(多分)とハナダイコン。それ以外にもジャーマンアイリスなどなどいろいろな花が咲いておりました。主人が花が好きなのでしょう。

これだけ咲いているのにあまり知られていないため人はほとんどいませんでした。
駐車場は畑の横に数台止める程度なので狭いですが人もいないのでゆったり見ることができました。

DSC07949_20190526224904d0a.jpg
おまけ。矢車菊と麦の組み合わせが結構この辺りに多かったです。
ぱっと見、何かの絵画のようでした。

電気の科学館

2019年05月25日

この日は上の子供の運動会。
自分が子供の時は体育の日に運動会を行うのが通例でしたが、現在では春に行うところと秋に行うところとバラバラです。ただ共通しているのは熱中症対策で暑い季節は避けるということでしょうか。
しかしながらこの週末は大陸からの熱波が来ているため5月では観測史上初ものづくしの真夏日予報。大丈夫か?
当日はとても暑かったですが働き者改革の影響で午前中のみでしたので、我が家は問題ありませんんでした。

で、運動会が終わった後は電気の科学館へ行きたいと言ったので行ってみることに。

DSC07872.jpg
電気の科学館は名古屋市科学館の陰に隠れてますので穴場スポット。そこまで混雑していませんし無料ですからなかなか良いところ。
少し前にリニューアルされたばかりなので結構新しい展示が多かったです。
入り口はこんな感じでいきなりびっくり。(前はどんなんだったか?)

DSC07874.jpg
手を触れると電気が指にくっつくから子供が面白がっていました。プラズマボールは昔からありますが今でも不思議。
ただ体験中の人に触れると静電気で痛いので注意が必要。

DSC07844_20190526060228173.jpg
多分内部はリニューアルされている。なんかとても綺麗になっています。

DSC07843.jpg
いわゆるピタゴラスイッチ装置。ゴロゴロとボールが転がっているのをみているだけで時間が経つのを忘れてしまいます。
子供達は装置を動かすのに必死でしたがとても楽しそう。

DSC07847_201905260602304c4.jpg
他にもこんな感じでリニューアルされています。
以前は原子力だウランだと少し難しい内容でしたが、今のは太陽光の当たり方とか直感的にわかりやすい展示になっていますので子供も理解しやすそう。

DSC07854.jpg
2択クイズ。正解者は映像で表示されると、テレビにありそうなゲームで意外と子供も楽しんでいました。
こういうむやみにボタンを押さなくても遊べるアトラクションが増えた気がする。

DSC07865_201905260602347e6.jpg
サーモ。体が熱いなぁ。この日は気温が高かったですが室内は寒いため体以外のものはヒエヒエ。節電で申し訳ありませんと書いてあったが結構効いていた印象。

DSC07858_20190526060233447.jpg
子供が遊びたかったオームシアター。ニンテンドーwiiみたいな感じでみんなで遊べるので楽しいです。娘はこれがやりたかったみたいでした。まぁ成績は散々でしたが。

そこまで大きな施設ではありませんがちょっと遊びたい時に使えますし天気が悪いてときでも良いのでいいですね。

カミオカラボ

2019年05月12日

富山県で昼食を食べた後は帰路につきます。
気分的に東海北陸自動車道の1車線区間を避けたい気分でしたので、国道41号で南下して高山経由で東海北陸自動車道へ向かいます。

その途中で飛騨市神岡地区の道の駅に立ち寄りました。

DSC07643.jpg
道の駅「スカイドーム神岡」に新設されたカミオカラボへ。ここは無料で立ち寄ることができます。
カミオカンデを子供達に見せることで将来のノーベル賞を期待・・・は出来ませんが、なにか感じられるものがあれば良いかなぁ程度の感覚で入ってみました。

DSC07671_20190522234632e71.jpg
2015年にノーベル賞を受賞した梶田博士のパネルで記念写真。

DSC07670.jpg
カミオカラボは小さな施設ですが無料で利用することができ、多少遊びながら科学を学ぶことができます。
とても小さな科学館といった立ち位置でしょうか。

DSC07645_2019052223462027a.jpg
これは自分が映し出される画面の中で元素を拾うゲームです。そんなに難しくはないので小学生くらいなら問題なく遊べます。姉が遊んでいると弟が邪魔はいってました。係員は一人用だからエラーになると言っていたが遊んでいる子供には声は届かずでした。すみません。

DSC07656.jpg
元素を集めてクリア。大人も意外とハマるかも。

DSC07661_20190522234623895.jpg
巨大パノラマスクリーンで流れる映像はニュートリノの説明の映像です。よくわからなかったですが映像はとても綺麗でした。

DSC07664_20190522234627c23.jpg
カミオカンデの内部はこんな感じらしい。電球が大量に並べられています。
ってこれは鏡を利用して無限に見えるように工夫してあるだけでした。

DSC07665.jpg
これはボールを転がして穴に入れるゲーム。意外と難しいし穴が動いたりするのでなかなかはいりません。
子供達が一番熱中していたのはこれかな。

DSC07667.jpg
ニュートリノは物質を貫通しますってことを表現している展示物。ボールが黒い壁をすり抜けるので子供達は不思議そうにみていました。

DSC07668_20190522234629cf8.jpg
動くニュートリノを捕まえるゲーム。反射神経が養われそうなゲームでした。

DSC07680.jpg
当時は扉にサインを書くのが流行ったようです。よくみると故・戸塚洋二氏のサインもあります。

旧神岡町と言えば、イタイイタイ病で教科書に載っているため知名度はとても高いですが良いイメージではありません。しかしながら将来はノーベル賞を輩出する町として知られるようになれば、それらを払拭できるのかもしれません。
この日は富山市から神通川にそって神岡まで走ってきたのでなんとなく感慨深いというか、そんな感じ(どんな感じだ?)でした。

プロフィール

tel

Author:tel
子連れで行った所を広く浅く紹介する日記

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる